不動産物件にかかる費用を抑えたいなら中古がお勧め

つみき

トラブル回避の近道

積み木

困ったときは専門家へ

最近、不動産の売買に人気が出てきているのをご存知ですか。少し前までの不動産の難しいイメージは薄れてきているのです。しかし、賃貸物件よりもやっぱりマイホームを持ちたいという方は少なくありません。マイホームを建てるには土地を買わなければならないと思いがちですが、意外にも土地を借りてマイホームを建てるという方法も以前から人気があるのです。「借地」のメリットは、固定資産税の支払い義務がないと言うこと、土地を購入して所有権を持つよりも安価であるということと、万が一住まなくなった場合にも、借地と自分の建物をセットで売却することができることです。一方、建物を建て替える場合、地主の方の承諾が必要であり、売却する場合も承諾が必要になります。また、借地権には普通借地権と定期借地権があり、更新の有無や売却時の条件などが異なる点を把握しておきましょう。借地の物件を売却する時によくあるトラブルが、家の持ち主が地主の方に相談をせずに勝手に手続きを勧めてしまったり、売却の承諾を双方からなかなか得る事ができずに家を売れないなどのトラブルも多いようです。そんな時は借地権に詳しい専門家やコンサルティング会社へ相談しましょう。最近は無料相談をしている会社も増えてきました。土地の権利などの法律の部分では素人では難しい場合が多く、なかなか自力で解決できない事が多いようです。まずは土地の専門家に相談することが、早期トラブル解決の秘訣です。