不動産物件にかかる費用を抑えたいなら中古がお勧め

つみき

徹底したサービス内容

住宅模型

サービスの流れと詳細

空き家管理のサービスは徹底して空き家の状態を維持することと修繕の必要性の確認を行うことを目指しています。その方法もどの業者でもある程度決まっているので管理の流れを知っておくと良いでしょう。空き家の状態を維持するための管理業務として基本となるのは通気と通水です。まず作業を始めるときに窓を開けて換気を始め、淀んだ空気を入れ替えてカビなどの発生を抑制します。通水はあらゆる水道について蛇口を開けて一分程度は流し続けるという作業です。給水管や排水管の中に含まれている古い水を完全に入れ替えて細菌の繁殖や配管の劣化を防ぐと共に、下水からの臭いの混入を予防することが目指されています。一方、修繕の必要性を確認するための作業は多岐に渡ります。屋内でまず行われるのが雨漏りの確認であり、水に濡れていた形跡がないかを隅々まで確認して回ります。それと並行して壁などに亀裂が入ったり、壁紙が変色したりしていないかを確認するのが通常です。次に屋外での確認作業として外壁塗装や屋根塗装に支障が生じていないかを確認します。また、庭木や芝などの状態を見て手入れが必要かどうかをチェックをし、さらに郵便物の確認が行われています。最後に隣人宅を訪問してトラブルがないかを聞いて作業は完了です。この一連の確認作業について報告書をまとめて送り届けてくれるのが空き家管理サービスの一般的な形であり、その報告を受けて修繕などの依頼をすることができます。